胸焼けの原因について
薬の摂取
ここでは薬の摂取が影響して起こる胸焼けについて、詳しく説明していきます。

薬の摂取が原因で胸焼けを発することがあります。風邪や特定の病気で病院から薬を処方される時に、医師もしくは薬剤師から必ず処方にあたっての注意事項の説明を受けると思います。この時によく聞くのが「食後30分以内に服用」といったフレーズです。薬をもらうときにこの「食後」という注意を聞いたことありませんか?


sponsored link




なぜ食後で服用するよう説明があるかと言うと、食後以外の通常時に服用すると副作用が発生する可能性が高まるからなのです。薬も口から体内へ入れることにより、胃が食べ物と勘違いして胃酸の分泌を促します。しかし実際に口にした物が薬だけなのであれば胃酸過多の状態になってしまい、胃を傷付けてしまう結果を招くのです。これにより胸焼けとして症状が現れるというわけです。

病気を治すための薬が、他の病気を誘発してしまうというのは本末転倒のような気もします。
一度は聞いたこともあると思いますが、「医薬品は使用上の注意をよく読み、用法用量を守って正しくお使いください。」という注意は、まさしくこの為にあるのですね。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 飲み物や食事

⇒ 逆流性食道炎

⇒ 胸焼けとは

⇒ ストレス



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
muneyake21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。