胸焼けの原因について
肥満と妊娠
ここでは肥満と妊娠が原因で起こる胸焼けについて、それぞれ詳しく説明していきます。

胸焼けの原因として、肥満が挙げられます。脂肪が増えるとそれだけ内臓に負担がかかり、内臓の機能に著しく影響を与えるということは周知の事実です。また、脂肪そのものが内臓を圧迫することも懸念されます。
肥満と言えば脂肪が連想されます。そもそも脂肪には4つの種類があるのはご存知でしょうか。


sponsored link




人間の体内に存在する脂肪は、中性脂肪、脂肪酸、コレステロール、リン脂質の4種類です。この中でも体内の脂肪の90%ほどを占める中性脂肪が肥満の原因となります。
ちなみに中性脂肪の中性とは、酸性でもアルカリ性でもない中性だから中性脂肪と名付けられました。

そして妊娠も胸焼けの原因となる場合があります。特に妊娠初期に多く見られますが、妊娠初期というのは女性ホルモンが大きく変化し、ホルモンバランスが崩れがちです。これによって内臓の働きにも影響をもたらしてしまいます。こうして内臓機能が低下した状態で食事を摂ると、消化不良を起こしやすく結果として胸焼けや吐き気を催すというわけです。
また妊娠後期でも胸焼けをすることがあります。これは肥満と同じような原因であることが多く、妊娠で大きくなったお腹が内臓を圧迫することで起こるものです。
妊娠中はいつも以上に栄養が必要となります。しかし胸焼けがすると、食事をするのもおっくうになってしまいますので、出来るだけお腹に負担がかからない食事を選びましょう。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ ストレス

⇒ 薬の摂取

⇒ 飲み物や食事

⇒ 効果的なツボ

⇒ 胸焼けの原因一覧へ


sponsored link





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
muneyake21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。